開発経緯


刺激の音響解析


姿勢に応じた刺激の変化

 

・姿勢が良いと、「踵からつま先」まで「均等に刺激」が分散して「発生周期が長く」、「音圧が小さく」なります。

・姿勢が悪いと、刺激が固まって、発生周期が短く、音圧が高くなります。

美しい背中と歩行との関係


合掌のポーズは、重心が前方にシフトするため、足をスッと上げるだけで楽に(軽く)体が前へ進みます。

 

宮城県産業技術総合センター 3次元動作解析装置で解析

姿勢制御のデジタル解析キット開発中


足底解析データで背中を美しく導くエビデンスを追求、踵カウンターの2値タイミング信号で姿勢をコントロールできることがわかってきました

 


製品についてのご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせください。